TOP >> お役立ち情報(2.授かり婚) >> [1]授かり婚・おめでた婚の結婚式

小さな頃から夢見ていた憧れの結婚式!かわいいドレスも着たいし、おしゃれな演出もしたい、もちろんゲストのみなさんをおいしいお料理と楽しい時間でおもてなししたい・・・期待は膨らみますよね。

でも、今私のおなかの中には、新しい命が芽生えている・・・。普通の人と同じに結婚式ができるんだろうか。それに、お金もないし。
そんな方もあきらめないで!WeddingParty.jpでは、赤ちゃんを授かった、Wにハッピーなお二人の結婚式を応援しています。突然のことに、結婚式費用や当日までの段取り、新婦の体調などにご不安を感じているお二人を、最大限応援します♪

タイトル:授かり婚・おめでた婚

今や、4組に1人が『おめでた婚・授かり婚』といわれています。毎年、芸能人カップルの嬉しいニューズが届き、結婚・妊娠とW(ダブル)でハッピーを授かるカップルが増えてきています。
結婚式費用にフォーカスアップしたWeddingparty.jpは、資金面をはじめ、突然の幸せを授かったけれども、結婚、結婚式準備をどのように進めれば良いか分からない『おめでた婚・授かり婚』カップルの心強い味方です。『おめでた婚・授かり婚』にまつわる結婚、結婚式についての不安を解消するお手伝いをさせて頂ければと思います。


タイトル:準備期間

スピードスケジュール約40日間 『短い準備期間できちんとした結婚式が行えるのかな』

授かり婚の方が一番心配していらっしゃるのが準備期間。
Weddingparty.jpを利用した先輩カップル達は、短い準備期間でも安心して、大満足のウェディングプランを叶えています。そのワケは・・・。

一番にはじめる準備は、挙式・披露宴会場の決定。そして、ご招待されたいゲストの方が決まればその後は、長い期間準備されていた方と準備工程にあまり大差ないのが理由です。
また、授かり婚の方が思い描いた理想のウェディングを叶えるのには、プランナーを味方につける事をおすすめ致します。
授かり婚と理解してもらえれば、体調が優れなく準備が進まない時でもしっかりサポートしてもらえ、こだわりのウェディングを一緒に叶えてくれます。
準備期間が心配で結婚式を諦めないでください。

【妊娠判明3ヶ月目からはじめる結婚式準備表】

妊娠判明3ヶ月目からはじめる結婚式準備表


タイトル:結婚費用

突然の嬉しいニュースが訪れたけれども、今後の費用が心配・不安で、結婚式のことを後回しにしたり、諦めかけたりしていらっしゃいませんか。
女性なら一度は、憧れたウェディングドレス姿。Weddingparty.jpを利用された先輩カップル達は、結婚式費用に不安なくまた、賢く幼いころより思い描いてきたこだわりのウェディングを安心して叶えています。

さて、結婚費用については大きく分けて3つあります。
・ 結納費用
・ 結婚式費用
・ 新生活費用

<結納費用>

近年は、結納をしない人たちも増えてきています。略式での結納や、両家顔合わせの食事会のみ行われることもあります。結婚は、必ずしも二人だけの問題では無いので、双方の両家の話し合いのもと、両家にとって最良のスタイルで執り行う事をお勧め致します。また、地方によってスタイルも違うのでご両親に確認をとり、話し合いが必要となります。

【正式結納】

一般的な正式結納の執り行い方は、結婚する当人の間に仲人を立て、仲人が 両家を往復して納品物を預かり、届ける行い方です。仲人はまず男性宅へ行き、納品物を預かり女性宅へ行き、結納品を納めます。祝い膳などのあと、今度は女性宅から結納返しを預かり男性宅へ納めるのが本格的な結納の行い方です。

結納金 平均70万〜150万
端数がなくきりの良い金額 男性側→女性側
結納返し 平均結納金の半分くらい
結納記念品(婚約指輪など) 平均35.5万円
仲人への御礼 平均19.9万円
両家顔合わせ会場費 平均 5.6万円
結納品 平均 2.8万円

【略式結納】

最近の結納はこのスタイルをとる家が多くなっています。
結納品は用意するが、仲人は立てず両家が一堂に会し、結納返しも一緒に執り行います。また、結納金の取り交わしが無い場合もあります。
場所は、女性側の自宅や式場、料亭などを借りて行う場合が多く結婚式場やホテルなどでは、結納からそのあとの食事まで含まれている結納パックも人気です。

結納パック(会場費、結納品、料理) 平均10〜30万円

【食事会・顔合わせ】

親睦を深める意味で、結納品は特に用意せず、食事を兼ねて、それぞれの自宅やレストラン・料亭などで会食をするケースがあります。婚約指輪などの婚約記念品のみ、交換するケースも多いようです。

人数分の食事 平均1人1万〜2万円

【結納も食事会もしない】

実際には全く何もしないというケースは少ないようですが、お互いの両親が遠方に住んでいるなど、物理的理由で行なわないケースもあります。この場合、結婚式が初顔合わせということが多いので両家での話し合いが大切です。

<結婚式費用>

ゲストから頂くご祝儀内にパーティー費用を収めることで、資金がない・貯金がないので結婚式を諦めかけているおふたりでも、結婚式費用を気にせずにあこがれのウェディングを叶えることが出来るのです。
また、ご祝儀平均金額よりパーティー費用総額を差し引くと、賢く手元にお金を残すことができ、新生活への資金や、マタニティグッズへ利用することができます。

○結婚式を行う際に頂くご祝儀の総額

60名様(ご親族30名 ご友人30名)の場合、頂くご祝儀の平均総額は

ご親族30名×¥35,000(全国ご祝儀平均金額) ¥1,050,000
ご友人30名×¥24,000(全国ご祝儀平均金額) ¥720,000
合計 ¥1,770,000
パーティー費用平均総額 * ¥1,610,000
* 料理、ドリンク、挙式料、ドレス、アルバム、装花、司会者、ペーパーアイテム、ギフト、演出を金額内に含む

この他の節約策として、ペーパーアイテムを自身にて作成やアルバム作成やビデオカメラを知人、ご友人にお願いするなど方法がいくつもあります。 >> 結婚式費用の節約についてはこちらもCheck!

<新生活費用>

結婚を機にふたりで新たに家を借りる場合、すでに同居している場合、どちらかのご両親と一緒に生活する場合など、色々なケースがありますが、ここでは、結婚を機に新たに新居を構える場合の平均金額をお伝え致します。

家具一式 平均20〜50万円
電化製品 平均30〜50万円
引越し費用 平均2.5〜10万円
家具の値段にもばらつきがあり、大手家具メーカーで購入すると金額も膨れますが、ホームセンターや海外新規参入の家具メーカー、通販などで購入するととても手ごろにそろえることができ、費用を抑えることができます。電化製品もリサイクルショップで購入するのも方法の一つです。また、シーズンによっては『新生活応援プラン』のセールも行われているので、必要な品を安価で購入することができます。
引越し費用も業者によってばらつきがあり、自身でトラックを手配した方が安い場合や宅配便を利用した方が費用を抑えることができる場合もあります。
まずは、どのくらいの荷物があるか調べ、ふたりにとって負担のないように準備をすることです。


タイトル:産院費用

写真 おめでた婚・授かり婚のふたりにとって外せない費用が元気な赤ちゃんを産むための産院費用。
入院・分娩費も、健診費と同じく、病院によってかかる費用は異なります。どちらかというと、規模が大きく設備の整った私立の総合病院や、独自のサービスで快適さを追求する個人産院などは高めの傾向にあります。
また、同じ産院でも「自然分娩」「無痛分娩」など分娩方法や、「個室」「大部屋」「LDR」など部屋のタイプ、「夜間」「休日」など時間帯によって、料金に差が生じます。
ママの体や生まれてくる赤ちゃんの健康面での必要性から帝王切開で出産した場合は、健康保険が適用され、医療費の3割が自己負担となります。自然分娩した場合は保険適用外となり10割負担に。先輩ママの平均出産金額45万842円というデータからもわかるように、大きな出費となります。
しかし、国からの給付『出産育児金』を利用すると、約35万円が戻ります。このお金が手元に届くのは産後。費用が心配の二人は出産前に出産一時金を前借できる制度もあるので安心してください。

○通院にかかる費用
初診料 平均¥6,300
1回の検診 平均¥5,029
○入院・分娩費
公立産院 平均¥370,000
○出産育児一時金
出産育児一時金(入院、分娩前借費) ¥350,000
*産院によって費用は、異なります。 健康保険に加入している人なら、子供一人に35万円が給付されます。もらえる時期は、手続き後2週間〜2ヶ月後に給付されます。早めに手続きをとられると安心しておなかの赤ちゃんを育てることができます。
問い合わせ先は、加入している保険で異なりますが、保険組合、保険事務所、役所で手続きをとることができます。ママの体の負担を考えて母子手帳を交付してもらう際に手続きを行うのも体への負担が軽くなります。


タイトル:マタニティドレス

幼い頃より思い描いた理想のウェディングを叶えるにあたり、花嫁にとって一番こだわりたい部分であるウェディングドレス。ウェディングドレスは、授かり婚の方が気にされているアイテムでもあります。『お腹が大きくなるけどカワイイドレスは着られるの?』とよくご質問を頂きます。
通常ウェディングドレスは胸下からの切り返しでデザインされている事が多くデザインによっては、成長した赤ちゃんの膨らみが分からないドレスもあります。
また、近年では、マタニティ用のドレスも多く世に出ているので、カワイイデザインからシックなデザインまで豊富に揃っているのできっとお気に入りの1着が見つかります。

ウェディングドレス ウェディングドレス ウェディングドレス ウェディングドレス

<ドレスについて(外部リンク)>

Bridal Service Ohsatoya: http://www.ohsatoya.com/
bittersweet: http://www.bittersweet.co.jp/index.html
Wedding pledge: http://www.pledge.co.jp/index.html

ウェディングドレス ウェディングドレス ウェディングドレス ウェディングドレス


授かり婚以外のお役立ち情報もCheckしよう! >>