TOP >> お役立ち情報(3.人前式/結婚指輪(マリッジリング)) >> [1]人前式/結婚指輪(マリッジリング)

小さな頃から夢見ていた憧れの結婚式!かわいいドレスも着たいし、おしゃれな演出もしたい、もちろんゲストのみなさんをおいしいお料理と楽しい時間でおもてなししたい・・・期待は膨らみますよね。

人前式をご存知でしょうか。神様ではなく、お二人を一番祝福してくださっているはずの、ゲストの皆様に向けて愛の誓いを立てる挙式スタイルです。今、お二人とゲストが挙式の主役になれる、このスタイルを選択するカップルが増えています。
挙式・結婚生活には欠かせないアイテムである結婚指輪(マリッジリング)のことと一緒に、人前式のことを勉強しちゃいましょう。

タイトル:人前式

お二人らしい結婚式の定番として定着してきている人前式。人前式形式で挙式したいとお考えのカップルも多いのではないでしょうか。でも、いざ人前式をするといっても、どうしたものかと悩んでしまいますよね。
そこでWeddingparty.jpでは、提携会場であるシュビアのブライダルプランナーさんに、人前式のことを詳しく教えていただきました。


タイトル:人前式とは

結婚式は、神社等で行われる神前式が主流の時代があり、チャペルや教会でのキリスト教が人気の時代があり、その時代時代によって人気のスタイルが異なります。
人前式とは、教会や神前での結婚式のように神仏に結婚を誓うのではなく、形式にとらわれず、両親やその他の親族、親しい友人などの前で結婚を誓うのが現在の人前式と呼ばれる挙式スタイルです。おふたりに合った自由なスタイルの挙式をあげることができます。
人前式はゲストも参加しているという実感がわき、ご新郎ご新婦様自身も、ご列席の皆様に祝福されていると、実感できる式になります。

【プランナーより】

先日、頂いたご結婚式は人前式のスタイルでした。実は、事前にお二人に内緒でお父様が会場をご見学にいらっしゃり、当日の進行の流れなどをご説明させて頂いておりました。当日の、ご結婚式・披露パーティーは滞りなく進み、終盤のご新郎様お父様の挨拶で、お父様はこのようなことをおっしゃりました。
 「自分たちの時代には人前式というものなどなく、息子たちがそんな式を挙げると聞いて、どんなことになるのだろうと思っておりました。でも、本日、このようにたくさんの方に祝福され、その方々に結婚の誓いを立てる人前式ができたことを幸せに思います」
それを聞いて、とても温かい気持ちになりました。ご結婚されるお二人が、こんな結婚式がしたいと思い、育てて下さった親御様がそれを素敵だと思って下さる、とても幸せなことだと思います。
ご新郎ご新婦様はもちろん、ご親族様、ご出席して下さるお客様に素敵だねと言われるご結婚式を作って頂けるプランナーになりたいと思った一こまでした。


タイトル:ブーケブートニアとは

写真ブーケブートニアとは19世紀頃の西洋で花嫁がブーケを持つようになったきっかけであり、プロポーズをするために女性の家へ向かった男性が、野で花を摘みその花束をプレゼントしたことが始まりと言われています。女性は「あなたの愛を受け入れます」という言葉の代わりに、その花束から一輪をそっと抜き取り、男性の胸元に挿してあげる。これが花婿のブートニアの由来です。
シュビアのオリジナル人前式では、バージンロードで男性の参列者に一輪ずつ花を持って並んでいただき、新郎は祝福を受けながら花を受け取り、新郎のお母様が束ねてブーケにし、新郎が新婦にブーケを渡し、そしてプロポーズ!新婦はOKの証としてブーケから一輪を抜いて新郎の胸元へ挿してあげるといったゲスト全員参加型のオリジナル人前式を行います。

【プランナーより】

本日のブーケブートニアの儀式はシュビアシーブルーの特徴である、純白の階段を使った素敵なセレモニーでした。
まず御新郎はメインテーブルからバージンロードを通例とは逆方向に進みます。列席の皆様からお花を受け取りながらバージンロード入口まで進みます。そこで御新婦様が階段上からご入場!階段中段で御新婦様は立ち止まり、そこへ御新郎様がお迎えに上がります。
一段低い位置からプロポーズと共にブーケをお渡しする御新郎様。
それを受け取り、お返事と共にブートニアを胸に刺す御新婦様。
思わず見とれてしまいました。まるでロミオとジュリエットのワンシーンを見ている様でした。


タイトル:「誓いの言葉」について

写真牧師さんのいない人前式では、当日ご来場頂くゲストの皆様が牧師さんの代わりとなり、立会人となってお二人の結婚を承認して下さいますが、その分お二人のオリジナリティーが表れる挙式のスタイルとなります。中でも、一番お二人の個性が出る部分が、この「誓いの言葉」です。
人前式の場合は、こうでなくてはいけないという決まった誓いの言葉というのは特に存在しない為、お二人に考えて頂くこととなりますが、やはり皆様一番悩む部分であると思います。一般的な誓いの言葉は、インターネットで「誓いの言葉」で検索をかけて頂くと、沢山の文例一覧が出てきます。きっと、同じように悩まれているカップルが沢山いらっしゃるんでしょうね。

【プランナーより】

私がとっても印象的だった誓いの言葉は、授かり婚だった新郎が「生まれてくる赤ちゃんが例え女の子でも、新婦よりは可愛がらないことを誓います」とう言葉。少し照れながらも嬉しそうに微笑むご新婦様の表情を見て、なんだか私まで、幸せな気持ちになりました。その他にも「月に一度は必ずデートに連れていきます」「毎週一品ずつ料理のレパートリーを増やします。」等、皆様本当に個性豊かで、暖かい言葉を考えていらっしゃり、今では私も皆様の誓いの言葉を毎週楽しみにしています。


タイトル:ゲスト参加の人前式

指輪の交換の際は、リングボーイにリングピローを運んできてもらってもほほえましい演出になります。基本的にはお子様にリングを運んでいただく方が多いですが、お二人のキューピット役の方や、リングピローを作ってくれたご友人が、リングを運んできても素敵な演出ですよ。
また、人前式では列席者の代表者が立会人として、挙式の中で署名する事が多いですが、署名だけではなく、指輪交換の際にリングピローを持ってもらったり、ブーケを受け取ったりと、スタッフが通常お手伝いさせて頂いているところにも、ご友人やご家族に手伝って頂いても演出として一体感がでて、お二人らしい人前式になり、ご列席の皆様が参加した感動的な挙式になると思います。

【プランナーより】

写真:リングリレー人前式での指輪交換の際にはリングリレーがお勧めです!!
リングリレーはリボンに指輪を通し、ゲストの方の手から手へと通って、指輪をお二人の元へと送っていく演出。ゲストの方は指輪を送りながら祝福の気持ちを込め、新郎新婦は列席者の皆様からの祝福の気持ちを受けとめ、二人で幸せを築いていく事を誓います。
シュビアの会場、シーブルーには真っ白な階段があります。
階段上からバージンロード添いに2本の赤いリボンをご新郎ご新婦様の元までひきます。
リングに風船をつけ、階段上から2本のリボンそれぞれにリングを一斉に通します。階段上から風船のついたリングがバージンロードに並ぶ、ご列席の皆様の手へ渡ります。風船が付いていることにより、大勢のご列席の皆様にも、リングの場所が一目でわかり、そしてリングリレーを華やかにしてくれます。
ゲストの皆様の手を通り、リングはお二人のご家族の手へ。そしてご家族からお二人の手へ。皆様からの沢山の祝福を受け止める事ができる、リングリレーの後の指輪の交換は、想いも一際大きくなるはずです。


タイトル:結婚指輪

写真学生時代などは、薬指に彼とおそろいの指輪をはめているだけでうれしくてたまらない時期もあったな・・なんて女性もたくさんいます。 安い指輪でも嬉しかったのが、本物の結婚指輪って本当に嬉しい!
結婚を決意したふたりにとって証とも言える結婚指輪。一般的には、男性から女性に贈られる『記念品』といわれる結婚指輪ですが、贈られる女性にとっては、重要な結婚準備のひとつ!『結婚指輪』を知ってかしこい花嫁になろう。

【結婚指輪の歴史】

私達は、結婚指輪の事を「マリッジリング(Marriage Ring)」と呼んでいますが、実はきちんとした英語での呼び方があり、「ウェディングリング(Wedding Ring)」と呼びます。
結婚指輪というものを左手の薬指にするようになったのは、色々説はありますが、古代エジプトあたりからのようです。日本では結婚指輪の歴史はまだ浅く、欧米の文化が生活の中に入ってきてからが始まりで、実際につける人が増えたのは昭和40年頃からと言われています。
ちなみに、昔の和歌(万葉集)から日本の指輪は、昔は紐を用いられていただろうという歌が50種程歌われています。

【結婚指輪は左薬指?】

左手の薬指に指輪をする意味は色々な説がありますが、左手の薬指は心臓に繋がっていると信じられていた。という説もありますし幸せは、右手の薬指から入って左手の薬指から出て行くという説。
また、薬指は創造を意味する指と言われており、結婚はこれから新しい家庭を築いていくと言う事で薬指にはめると言う説も。
結婚に指輪を用いられるにも理由があり、指輪(リング)の輪は、エンドレス=一生涯の誓いを意味しています。

【結婚指輪平均購入価格】

気になる結婚指輪の相場は、増加傾向にあり、2人合わせて平均価格10〜15万円。近年では、日常的に身につけるものなので、ファッション性も考慮してデザイン、材質が昔と比べて豊富になっているのが理由の一つと考えられます。
また、結婚指輪もデザインや材質が豊富に取り揃えていることもあり、結婚指輪と婚約指輪を一緒にしたデザインを購入するかしこい花嫁さんがでてきています。

*結婚指輪の内側のメッセージ

多くの先輩カップルに聞いた人気刻印は、メモリアルデイ。『A to B(名前やイニシャル)』や記念日、入籍日の刻印をする方が多いようです。
また、二人だけのメッセージを入れてみるのもいかがでしょう。

  • BE LOVED
  • FOREVER(永遠に)
  • FOREVER LOVE(永遠の愛)
  • WITH YOU
  • Always with ○○○(いつも一緒)
  • Happy(幸せ)
  • Love Is All

指輪は、男性も女性も常に身につけることのできるもの、そして何よりその存在を目で、手で確認できることに大きな意味があり、指輪を通して常に相手と共にいる感覚を一番表現できるのが結婚指輪にはあるのではないでしょうか。


人前式/結婚指輪以外のお役立ち情報もCheckしよう! >>