TOP >> お役立ち情報(4.ヒント集) >> [2]演出のヒント

小さな頃から夢見ていた憧れの結婚式!かわいいドレスも着たいし、おしゃれな演出もしたい、もちろんゲストのみなさんをおいしいお料理と楽しい時間でおもてなししたい・・・期待は膨らみますよね。

でも、初めてのことばかりで、どうしたらいいか戸惑うこともたくさん。Wedding Party.jpでは、そんな「?」だらけの皆様のご不安を解消すべく、ささやかなヒント集を作成しました。
なにやら法律がからんできて少し敷居の高く感じる「婚姻届の書き方/出し方」や、結婚式準備や当日の演出のヒントなどをご紹介します。
このヒント集が、皆様のお役に立てれば幸いです。

タイトル:席次について

写真以前は媒酌人を立てていらっしゃる方が多く、前列中央の席は主賓席、正面向かって、左側が新郎関係、右側が新婦関係、親族は末席という配席が一般的でした。
今は媒酌人をたてない方が増えましたが、基本的には変わりない配席にされる方が多いようです。しかし、お二人にとって一番近い方に近くで当日を見てほしいという方も増えていて、ご両親は遠慮されるかもしれませんが、ご両親のお席をお二人に近い前に構成する場合もあります。
ご実家が遠方で結婚式当日に初めて顔を合わせるという両家のご両親を、末席ながら同じ席に配席したという先輩カップルも!初めはお互い遠慮されていたそうですが、披露パーティーが終わる頃にはお父様は兄弟のように、お母様は姉妹のように仲良くなられたそうです。
皆様もオリジナルな配席を考えてみてはいかがですか。

席次表
クリックで拡大(PDF)


タイトル:ドレスについて

写真ドレスは、今後着る機会がないと思うので、ドレスショップで色々な種類をたくさんご試着される事をおすすめ致します。あまり時間がないときはひとまず仮予約をしておき、後で時間のあるときに多くの種類を試着させてもらうと、これ!という逸品に出会えることも!遠慮してはいけませんよ(笑)
カラードレスの色を迷っている方はテーマに合わせると選びやすいかもしれませんね。
ディズニーをテーマされた披露宴でのこと。新婦のお色直しのドレスは、黄色でした。美女と野獣のベルのドレスの色に合わせたとの事です。


タイトル:ご親族のご衣装について

写真最近よく耳にするのが、「両親や兄弟の衣装は、どのようなものを選べばよいのですか?」というご質問。
一般的に正装といわれているのは、父親はモーニングコートや羽織袴、母親は黒留袖になりますが、最近では、タキシードをお召しになるお父様や、フォーマルドレスをお選びになるお母様もいらっしゃり、あまり形式にとらわれず、皆様お気に入りのものを着られる傾向が強くなっているように思います。
ご兄弟の衣装については、男性はブラックスーツ、女性はフォーマルスーツやワンピース、また、未婚であれば振袖を着られるのも華やかで良いと思います。
洋装の場合、黒を選んだ方が良いのでしょうか?というご質問もよく頂きますが、必ずしもそんなことはありません。結婚式は、おめでたいお祝いの場、ご新婦様特権の白色を外して頂ければ、せっかくですので華やかなカラーをお召しになるのも良いと思います。集合写真を撮られた時に、皆様黒ばかりの衣装よりは、少し綺麗なカラーが入った方が、華やかになりますよね。


タイトル:BGMについて

写真音楽は、会場の雰囲気を一瞬でかえる事ができます。挙式と披露宴を行う時は、雰囲気をかえて、挙式と披露宴の差をつける事をお勧めします。
挙式のときの音楽は、人前式であっても派手すぎない曲がお勧めです。人前式では結婚証明書にサインする際に承認の拍手をもらいますが、その時は明るい曲がとても合います。
そして披露宴入場では、挙式と雰囲気をかえ、宴内人前式の方は、再入場では盛り上がる曲で、色当てクイズを取り入れると、さらに盛り上がります!!テーブルラウンド(新郎新婦がゲストのテーブルを回り、サービスをすること)のときは、明るい曲。サビが好きな曲は、ケーキ入刀やキャンドルサービスのメイン点火や、乾杯がお勧めです。
受け付けやご歓談は、入場やケーキ入刀などの演出とは少し違う曲調にすると、演出が際立ちます。最近はポップスカバーのボサノヴァが流行っています。ボサノヴァはお食事も進みやすい曲なのでご歓談にもとても合います。大人っぽい雰囲気がよければ、ジャズも合いますよ。


タイトル:小物

写真<プチギフト>

当日お二人からゲストの皆様へ『心からありがとう』と伝えるプチギフト。「種類がたくさんありすぎて決められない!!」と悩まれている方が多くいらっしゃいます。そんなお二人に、おすすめギフトをピックアップさせて頂きました。
まずは『プチタオル』です。スイーツ?ケーキの形をしたプチタオル。二人から贈るしあわせの「あまーい」ぬくもり。スタッフが本当のケーキと間違えてしまうくらい、本格的なつくりになっています。次に、プチギフトの定番『ドラジェ』こちらは幸福の種と呼ばれるしあわせのお菓子です。かわいらしいラッピングの中からお二人にぴったりのものが見つかるはずです!

写真<ウェルカムボード>

ウェルカムボードは、お二人で貝殻等で作成されたり、イラスト関係のお仕事をされている方は、ご自分でイラストを描かれたり。写真やお花等を使ってお二人オリジナルのウェルカムボードを作成される方もいらっしゃいます。お二人の等身大のパネルや、サーフィンのボードにメッセージを書いた方もいらっしゃいます。皆さんとても個性的で様々。
また、受付中はウェルカムボードとして、送賓時にはお見送り用ギフトとなるアイテムが最近、人気が出ています。ウエディングケーキの形や、バラが詰まったBOXや、クローバーの形をしたものまで。もちろんお名前も入ります!そして、それぞれギフトになり、タオルだったり、ドラジェやクッキーなど。一石二鳥なウェルカムボードです。
チュッパチャップスでウェルカムボードを作成したという先輩カップルもいます。発泡スチロールにさした物でしたが、包み紙の色をとても上手に組み合わせて、文字にされていました。受付時は、ご列席の方のお出迎え、そして送賓時にはご来賓の皆様に、一つ一つ配られました。

写真<リングピロー>

お二人の大切な指輪を置くリングピロー。ご新婦様が手作りされたり、お母様が手作りされたりといつもお二人らしい物だったり、お母様の愛情がいっぱい詰まった物だったりします。
リングピローは、いろいろな形があると思います。ガラスの靴をリングピローにしたり、カゴを可愛くリメイクした物を使用したり。お二人らしいリングピローを用意してみてはいかがですか。

<ペーパーアイテム>

【招待状】

招待状を手作りする場合、立体的に文字や絵柄が浮き上がるエンボス加工を使うのも素敵です。
エンボス加工とは、スタンプを押したあとにパウダーをふりかけ、ドライヤーやオーブントースターなどで熱を加える事で、文字や絵柄が浮き上がるというものです。ゴールドのパウダーを使えば、金箔の風合いに仕上がり、より一層に高級感を感じさせる、オリジナルな招待状に仕上がりますよ。
また、シーリングワックスの押印もおススメです。これは、中世ヨーロッパで、婚約中のカップルが誓いの言葉を文書にし、これを封印するためなどに用いられたもので、招待状の格がアップした印象になります。
使用するアルファベットは『二人が結婚してなる姓のイニシャル』や『ウエディングの(W)』、『愛の意味をこめて(I)』というようにお二人のコンセプトに合う文字を選んでください。

【卓札】

卓札は、お二人のテーマに合わせてつくるのも良いですよね。以前パーティーを頂いたお二人は、山の名前だったり、音楽の名前だったり、ディズニーのキャラクターの名前で、お二人の手作りだったりといろいろありました。

【席札】

通常はペーパーアイテムの席札を用意される方が多いですが、ブタやダイヤモンドの形をしている物や、瓶になっており、中にガラス製のイルカや猫等が入ったタイプの席札もあります。中にはお酒が入っており、ゲストの方にはギフトとしてお持ち帰り頂き、お酒を飲まれた後には、花瓶やドレッシング入れ、ブタの入れ物は醤油さしにされている方もいるそう。

【メッセージカード】

お二人の特別な一日にお招きする、大切なゲスト。そのゲスト一人一人に、皆様それぞれの思い入れがあると思いますが、披露宴当日は、沢山のお客様がお越しになる中、一人一人とゆっくりお話をする時間をとるのは、正直言って大変なこと。
そこでお勧めなのが、席札の裏にメッセージを書く方法(これは有名ですね)。あらかじめそれぞれのゲストの席札の裏にお手紙を書いておき、それを司会者さんに言ってもらう事で、皆様その場で目を通して下さり、記念にその席札をお持ち帰り頂けます。
この席札の裏に、お二人とそのゲストの方が一緒に写ったお写真を、全てのゲストの席札に印刷する(もちろんゲストそれぞれ写真は皆違います)というアイディアも。
また、テーブルラウンドの際に、ゲストの皆様一人一人に書かれたメッセージカードを可愛く折って、かごに入れて配っていらっしゃる先輩カップルもいました。方法はいろいろありますが、普段なかなか直接伝えられない感謝の気持ちを、このように形に残るものにして、一人一人にお伝えするのはゲストの皆様にとっても、本当に嬉しいおもてなしになると思います。


タイトル:ブーケを保存したい

一生に一度だけのウェディングブーケを、残したい。それが、お母様や友人の方が作ってくれたブーケだったら、特にそう思いますよね。生花のブーケでもいつまでも保存ができます。どうするかというと、ブーケをそのままドライフラワーにしたり、押し花にすることができます。
今、人気が高いものは3Dフレームブーケ。これは、奥行のある額にブーケをそのままに近い形で残せます。新居の家のオブジェとして飾りたいという方は、ドライブーケにして、クリスタルケースに入れるのも良いですね。お花の形そのままで残せますよ。


→ [1]婚姻届の書き方・出し方 へ
→ [3]国際結婚・再婚・リゾート婚 パーティのヒント へ

ヒント集以外のお役立ち情報もCheckしよう! >>