Weddingparty.jp アドヴァイザリー フローリスト A-side代表 タナカヒロシ

略歴
 5歳の頃からの夢の花屋さんになるために、地元の生花店でアルバイトをしながら名古屋の専門学校でランドスケープデザインを学ぶ。
 20歳で己の腕のみで上京。3年間都内の生花店で働き22歳の若さで1年間店長を任される。
 その後フリーのフラワーデザイナーとなりOLに人気の某ファッション誌の花も手がけ、ブライダル装花でも思う存分力を発揮し続けている。

私はお二人との打合せを大切にしております。人生で、花屋さんと向かい合い打合せをするなんてことはそう滅多にあることではありません。短い時間ではありますがその中でお二人の雰囲気や好み、どういったパーティーにされたいか、などをふまえて最良、最高の装花を創りあげ、幸せのひと時を創り上げるお手伝いをさせて頂きたいと思います。

結婚式装花の流行

写真:結婚式の装花結婚式の装花での流行色は、紫、茶色、えんじ色、ショッキングピンク。
いろんな色に合わせて可愛くも、大人っぽくも、個性的にもアレンジできる色合いです。
アジサイ、ランの仲間、バラなどたくさんのお花でこのような色合いはあります。
パステル系にもワンポイント大人っぽさを加えて差を付けてみてはいかがでしょう。

とは言いましてもやはり一番人気はバラ。
「好きな花は?」と尋ねられるとおそらくバラは上位にくるのではないでしょうか。
みなさんがご存知のバラにはたくさんの色、形があります。
お二人の好きな色、雰囲気、衣装にあわせたバラ合わせを楽しんでいただきたいです。

写真:一番人気のお花はバラ可愛くて柔らかい形のイングリッシュローズやオールドローズはガーデンウエディングには最適。バラのやさしい香りも堪能できます。
スタンダードな赤、黄色、ピンクのバラもアレンジ次第でモダンに仕上げることもできます。
私の一押しのバラは「ウエディングドレス」です。
このお花の形が半八重咲きで花びらがフリル状になっていてきれいです。
グリーンを多めに使ったブーケにこっそり入れるのがおすすめです。

まだまだたくさんおすすめの花はあるのですが一生に一度の結婚式ですのでやはり好きな花、好きな色をたくさん使って会場を創りあげることが一番のおすすめです。


白い花が好きな方へ

写真:白の装花はカラーが人気やはり結婚式のお花は白が一番人気です。中でもカラーというお花が人気です。
カラー使い方次第で高級感もありモダンな雰囲気にもなりますし可愛く創ることもできます。シンプルにカラーとグリーンのみで仕上げるのもおすすめです。

ピンクの花が好きな方へ

写真:かわいらしくも大人っぽくもアレンジできるピンクの装花私はピンクが一番好きです。ピンクは自由自在です。淡いピンクで可愛くまとめるもよし。少し濃いピンクを入れて大人っぽさをだすのもよし。紫や赤を加えてアバンギャルドな雰囲気を出すのもよし。
ピンクの中でもシャクヤクは印象的でかわいい花です。初夏からの一押しです。

黄色、オレンジ色が好きな方へ

この二色は会場全体を一気に明るくしてくれます。
アットホームなパーティーやレストランウエディングなどでご希望される方が多いです。
黄色と言えば夏のお花のヒマワリです。元気いっぱいのお二人におすすめです。
会場を全てヒマワリで埋め尽くしてヒマワリ畑にしてみてはいかがでしょうか。
ヒマワリはほぼ一年中手に入りますのでご希望の方はご相談下さい。

タナカヒロシおまかせコースご希望の方へ

写真:実や花を使った個性的な装花もおススメ私は実と葉が大好きです。春にはイチゴ・桜の新芽、夏には山帰来の実、秋にはカラスウリ・紅葉した葉、冬にはリンゴ。
ここでは紹介できないくらいたくさんあります。季節感も出ますし、なんといってもかわいいです。少し加えるだけで雰囲気はがらっと変わります。実・葉は個人的におすすめです。


お花も衣装の一つと考えていただき、たくさんのワガママをバッグの中に詰め込んで打合せにいらして下さい。
私はそのワガママにできる限り答えさせていただきたいと思います。
お二人の幸せの時間の中での笑顔が見られた時が私の幸せです。その笑顔をいつまでも見られるように私は腕を磨き続けております。